多くのクライアントとお会いしていると・・・

| コメント(0)

多くのクライアントなどとお会いしていると、自分なりの人の見方が出来てきます。「間違いなく仕事の出来る人」とか「この人にはあまり深入りしない方がよさそうだ」とかです。あまり深い付き合いをしていないのに勝手に判断することは、あまりいいことでないような気がしますが、どうしても自分の基準で人を判断してしまいます。大人なら、皆がしている事なんでしょうけどね。今日も初めてのクライアントのところに行きましたが、メールでやり取りしている段階から、この人はやり手と感じていました。なぜならメールの返信が早いし、簡潔で隙がないくらいの文面。会ってみるとやはりスーツ姿も凛々しく、賢そうな方でした。お話も流暢で、私にはない部分を持っている人物でした。憧れる反面、少しジェラシーみたいのを感じてしまいました。仕事に差し支えるので、笑顔を心がけましたが、どうしてこんな感情を抱いてしまうのでしょうか?同じ男として何かひっかかるものがあるのかもしれませんね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、carlosが2015年8月17日 13:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「才能ある新人君」です。

次のブログ記事は「元同僚がすごい浪費家だったんですよね。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。