才能ある新人君

| コメント(0)

WEBデザインの世界でも、才能のあるなしが明らかにある時が度々あります。技術やスピードと言った面においては経験などで補えるため、飲み込みさえよければ大した差はなくなってきます。しかし、もって生まれた才能と言う点においては差を感じることがあるのです。一番はセンスと言えるかもしれません。会社に中途採用で入ってきた新人君ですが、自分が面接官として採用してからと言うもの、スキルはなくとも羨ましいくらいの才能をめきめきと発揮しています。頼まれた案件をこなすのに時間がかかる反面、手直しのいらない仕上がりで、顧客にも受けがよく、才能ある奴は違うなと感じています。そのうち一人立ちしてもやっていけるのでは、と思っているほどです。全く持って羨ましい限りです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、carlosが2015年8月12日 13:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「近くの弁当店が最高」です。

次のブログ記事は「多くのクライアントとお会いしていると・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。