WEBデザインで崩すことのできないフォントのルール

| コメント(0)

WEBデザインでは、基本となる崩すことのできないルールが存在します。その一つがフォントの組み合わせです。2つもしくは3つのフォントを組み合わせることで、より読み手に分かりやすいサイトが出来上がります。一つ目のルールは相性。フォントには組み合わせには相性があります。個性的なデザインのフォントにシンプルな物を合わせることで、デザインを邪魔することなく、意図するものが伝わったりします。「何を選んだら?」と悩むこともあるでしょうが、組み合わせの相性を独自に学んでおくと良いかもしれません。また、アナログな昔からある新聞などもフォント選びに役立ちます。微妙なフォントの違いを使った視覚効果を利用してよりテキストを伝えやすく、見出しなどと区別しています。参考にしてみると良いですよ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、carlosが2015年7月30日 15:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「WEBデザインで大切なフォント」です。

次のブログ記事は「デザインバランスに悩んだときは...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。